みんなのブログ」カテゴリーアーカイブ

親子旅行

4/3 姫路城へ行って来ました
以前から父が行きたいと言っていたので「行くなら桜が咲いている時に行こう❗」と2ヶ月前から計画をたてました
しかし、今年は桜の開花が早く心配しました
ひらひらと、花が散っているものも有りましたが
満開の桜、白いお城、青い空、綺麗でした😃✨
夜は有馬温泉でゆっくりしました
両親が元気な時に色んな所に一緒に行きたいと思います

日曜日に維新公園の桜を見に行きました。

天気もよく桜も満開でとてもきれいでした。日中は暖かくなってきて散歩の途中汗だくになりました。

楽しい一日を過ごしました。

オレンジS

新しい生活

新年度を迎え、そろそろ入学式ですね。
赤ちゃんの頃から関わりの深かった可愛い子ども達が、この4月から小学校に入学します。
…時の流れと子どもの成長って本当に早いですね。
大変なこともあるだろうけど、元気に楽しい小学校生活を送ってほしいなと心から願う今日この頃です。

いつか自分にも子どもが生まれたら心配性の過保護になりそうなので気をつけようと思います(笑)

桜の季節

去年よりは少し早いですが桜が綺麗に咲き初めてきました。
お弁当をもってお花見に…は行けないですが
車の運転中に桜が結構目についてしまいついつい寄り道をしてしまいます。
昼間はとても暖かくなったのでお花見日和です♪

朝、昼、夜と気温差が結構あるので皆さん体調には
気をつけてください。

アルファ H

久々の姫路へ

みなさんこんにちは!!
先週はお休みを使い久々の姫路に行ってきました。
大学時代にいた姫路は5年も経つとずいぶん違っていました。
駅前や姫路城周辺を少し探索!!(^^)
懐かしいなとしみじみ思い感傷に浸っていましたが
突風にあおられその感情も消えました。笑

あの頃の記憶を頼りにしていましたが
変わりすぎて迷子に何度もなりました。
景色はずいぶん様変わりしましたが
友人との関係は変わらず
皆それぞれ違う環境で仕事や家庭などありながら
会うと学生の頃のようなテンションと気持ちの戻れるなと
思いました。
改めて友だちは大切だなと思いました!!(*‘ω‘ *)

心残りがあるとすれば
桜の名所の姫路城で桜を見れなかったことかな。
また次回の楽しみのとっておきます。

アルファ N

平成30年3月27日(火)「池田豊さん 来院」

本日、5月に行われる防府市長選に出馬の池田豊さんがドレミ歯科とまりふ歯科に来院されました。
これからの防府をより良くする為に県との関係構築、市役所の建替え計画、農業への取り組み等未来の構想を聞き、今後の防府がより発展し住みよい街になっていく期待が持てました。
なかなか立候補者の演説を間近で聞くことがないので自分の住んでいる街について考える良い機会になりました。
5月27日が投票日です!

桜満開!

今年も桜の季節がやってきましたね^ ^
暖かい日が多くなって、
病院の近くもあちらこちらで
桜が満開を迎えています。
近くでは、一の坂川も有名な桜スポットです。
街中にあるということで、
お花見しつつお散歩している人も
よく見かけます。
お弁当を作って….となるとハードルが
上がってしまいますが、
のんびりお散歩感覚で
桜を眺めてみるのも
季節を感じられて良いかと思います。

私ごとですが、今年は足を伸ばして
徳佐のしだれ桜を見に行ってみようと思っています。
今週末は、
さくら祭りも開催されているみたいなので
楽しみです(^O^)

アルファ K

平成30年3月24日(土)「糖尿病の病態と治療~糖尿病と歯周病の関連について~」講師 糖尿病看護認定看護師 中山法子先生「ナイトガード」講師 大浦亨院長

3月24日(土曜日)19:00から ドレミ歯科医院 セミナールームにて上記セミナーが開催されました。
講師は、糖尿病看護認定看護師で、現在はフリーランスで多数の病院で糖尿病の指導に当たっていらっしゃる、中山法子先生でした。

現在、糖尿病と歯周病には深い関わりがあることがわかっています。
糖尿病の患者は、健常者に比べ、2.6倍 歯周病になりやすく、歯周病が悪化すればHbA1Cが平均0.36%上昇するというデーターがあり、歯周病は糖尿病の 第6の合併症と言われているのが現状です。

特に、日本人は外国人に比べ、インスリンの分泌能が低く、糖尿病になりやすいと言われています。
さらに、食生活の変化(脂質の摂取増加)により、年々、糖尿病患者数が増加しています。

糖尿病は、1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、そのほか に分類され、その約90%が2型糖尿病(生活習慣病)と言われています。
2型糖尿病の原因として、加齢、肥満、過食、運動不足、ストレスなどがあげられ、インスリンの働きが悪くなると、血糖値が高くなり、糖尿病発症、合併症発症、悪化となります。

1型糖尿病の原因は不明で、何らかの原因によって引き起こされた過剰な免疫反応が自分の膵臓のβ細胞を破壊し、そのためインスリンの分泌が不可能となり、高血糖になっていきます。

糖尿病の指標としては
 血糖値  空腹時      70~130mg/dl
      食後2時間    180mg/dl 未満

 HbA1C(過去1~2か月の血糖の平均)
   HbA1Cに+30で、糖尿病の重症度が発熱の重症度と近い感じになる。
   血糖正常値を目指す際の目標   6.0%未満
   合併症予防のための目標     7.0%未満
   治療強化が困難な際の目標    8.0%未満

糖尿病の合併症には
 三大合併症   神経障害 網膜症 腎症(し、め、じ)
 大血管障害   壊疽 脳梗塞 狭心症・心筋梗塞 (え、の、き)  などがあります。

歯周病の悪化につながる、血糖コントロールのレベルとしては、HbA1Cが 6.5%~7.0%あたりから、歯周病を悪化させるリスクが高くなり、HbA1Cが9%を超えると歯周病悪化の十分なリスク因子と予測されます。

血糖コントロールが不良であれば、歯周病にも罹患やすく(HbA1C9%以上では、2.9倍)、歯周病が悪化すれば血糖コントロールも悪化するという、糖尿病と歯周病の相関関係について詳しく教えていただき、とても為になるセミナーでした。

現在、糖尿病連携手帳が発行され、内科医、眼科医、歯科医が連携して、糖尿病の管理を行っていくことが推奨されています。
当院でも、糖尿病患者の歯周病治療に力を入れており、連携手帳の配布も行っています。
中山先生のお話を、今後の診療に役立てていきたいと思います。

                        ドレミ歯科 M.O

ナイトガードについて
 役割は歯ぎしり、食いしばりが原因で顎に痛み(顎関節症)や肩こりといった症状の改善だけではありません。歯ぎしりによって歯がすり減ること、歯周病の進行を抑制したりする役割もあります。白い被せ物(セラミックなど)は摩耗には強いですが衝撃には弱い性質があります。せっかく入れた被せ物を守るためにも使用されるべきだと思います。また、野球、ゴルフなど食いしばる機会が多いスポーツをしている方にもお勧めです。
 恵生会ではより歯に優しいソフトタイプのナイトガードを推奨しています。平成30年3月現在のカラーバリエーションはホワイト、イエロー、クリアの3種類ですが取り扱うカラーを増やしていく予定です。

                        
                         オレンジ歯科 N.U