平成31年4月6日(土)「オーラルケアの実際」

TBI勉強会 4月6日
各医院担当者を対象に恵生会のTBIを再確認しました。
要点は、以下です。

世界の歯磨き事情を学んだ上で日本の歯みがきの現状に問題があると思い、誰でもどんな磨き方でも、きれいに磨ける方法をお伝えします。
この30年間日本の歯科医院で推奨されてきた歯磨き法ーバス法
〈バス法〉とは歯ブラシを「鉛筆握り」で握り、歯茎に45度で前後に小刻みに磨く、その時毛先は動かさない。

〈バス法の問題点〉
この方法ではとても難しく、しっかり磨けば15分はかかります。
しかし、平均歯磨き時間2分くらいの現状ではちゃんと磨けません。
だから、日本人成人の歯周病8割は改善されません。
〈そこで・・・〉
歯ブラシの持ち方:自由
推奨歯ブラシ:毛数の多いもの(1500本~)
動かし方:自由
歯と歯が空いている人は歯間ブラシも週に2~3回は使用すること。
・歯磨き剤はほんの少しで
・歯ブラシは1ヶ月ごとに交換(現状 平均3~4ヶ月)
・フロスを使用するときはホルダータイプが便利
〈磨きにくい部位・歯並びが悪い部位〉
ワンタフトも便利です。
患者様にとって大切なことですから、年に数回「噛め!かめ!歯新聞」にて掲載いたします。

クラプロックスのiTOPのコンセプトと、TEPEなど、予防先進国の指導を取り入れ、日本人の実態に合った指導を患者さんに寄り添ってコーチングしていく事が大切です。
来週は、東京で(バス法は間違った指導だ)と指摘されている石川徹先生から、詳しく聞いてきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です