平成30年9月7日(金)「歯周病予防ブラッシング、つまようじ法で一生自分の歯を」講師 草野 栄路様

「つまようじ法」とは、つまようじのように歯ブラシの毛先を歯と歯の間に出し入れすることにより、歯間部の歯肉のマッサージと歯垢除去を行うブラッシング法です。つまようじ法を行うことにより、歯周病の予防・治療や歯の喪失予防に効果があることが示されています。
恵生会では若嶋DHが中心となり、患者さんに簡単で効率の良い歯みがき方法を模索しています。
この度は岡山大学名誉教授渡邊達夫先生が30年前に考案された「つまようじ法」を株式会社ピー・エム・ジェー草野様からご指導いただきました。
私も随分前になりますが、岡山のPMJ歯科診療所黒瀬真由美先生を訪ね、つまようじ法で実際に磨いていただき、とても気持ちよかった経験があります。
下記の検証結果のようにつまようじ法はバス法+フロスよりも短時間に磨け、歯周病改善も有効です。
今後、恵生会でも山口県にてつまようじ方の普及に努めたいと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です