月別アーカイブ: 2017年9月

改めて節約を!

今日、在庫の確認をしました。日頃から材料の節約を心掛けてはいましたが、一品ずつ単価の確認をすると案外材料費がかかっていることに気付かされました。これからは今まで以上に節約を心掛けて仕事をしようと思いました。

あさひ    k

秋だ、運動会だ

来週末は、幼稚園に通ってる息子の運動会があります。息子は踊りが苦手なので、家で運動会の踊りの練習を、毎日親子でしています。ポケモンの歌にあわせて旗を振るのですが、なかなかの運動量で疲れます。練習の成果が運動会で見られるとよいのですが、、、

オレンジ Y

平成29年9月25日(日)「ドレミ完成見学会、就職説明会」

ドレミ歯科の2F部分完成に伴い、見学会を開催しました。
今回は主に2Fと就職説明会のためのバックヤードの見学です。
私の予想以上に、医院見学者や職場見学の人が来院されビックリしました。
ドレミのコンセプトは、患者さんにも、働くスタッフにとってみても、清潔で快適、居心地の良い歯科医院です。
初めての試みである「世界の歯ブラシ展」も好評で多くの質問を受けました。
キッズ&レストルームも素晴らしく、みんな驚かれていました。
いよいよあと1週間で開院ですが、スタッフの皆さん今までのトレーニング、準備本当にご苦労様でした。
開院しても、無理せず今までどうり宜しくお願いいたします。
最後に、本日の担当者さん、お疲れさまでした。

渡辺

 

運動会

先日、小学生のいとこの運動会に行ってきたのですが

暑い中、みんな一生懸命頑張っていてなんだかほっこりしました。

運動会といえばお弁当!やっぱりおいしかったです!

とても充実したいい休日になりました。

アルファ a

 

 

 

 

広島

今日、広島に買い物に行きました。

カープの優勝セールをしていたので、広島市内が赤一色に染まっていました。

欲しいものがたくさん買えてよかったです。

お昼に食べた親子丼がすっごくおいしくてまた食べに行きたいと思いました。

 

アルファ a

平成29年9月15日(金)・16日(土)「第23回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会に出席して」

9月15日、16日の2日にわたり、千葉県の幕張メッセで行われた学会に参加してきました。「摂食嚥下(食べる、飲み込む)」がうまくできない患者さんに関する最新の知識や技術について、活発な議論がありました。

 

私自身は数年ぶりの参加ということもあり、新たな学びが多かったです。メインテーマにあるように、摂食嚥下に障害がある方は、家族や医師、看護師だけでなく、介護士、リハビリの担当職、栄養士、薬剤師、そして歯科医師や歯科衛生士などそれぞれの職種が得意分野を活かせばよりよい支援ができるとされています。その分、多くの職種が足並みをそろえて支援できるよう、例えばトロミの強さにランクを付けるだとか、わかりやすくする取り組みは大切だと感じました。

 

摂食嚥下の障害の学会ということもあり、誤嚥や誤嚥性肺炎が話題になることが多かったです。しばらく前から、誤嚥の予防に口腔ケアが大切と言われています。今回も、医科の先生が、ACE阻害薬、シロスタゾール、半夏厚朴湯と並んで口腔ケアも挙げてくれていたのが印象的でした。今後も衛生士さんたちと口腔ケアを続けるとともに、さらに自信をもって地域の方々に広めていこうと思いました。

 

余談ですが、2日目は若い人達の参加が増えたなぁ、と思っていたら、学会場の隣で ○ump ○f ○hickenのライブがあったとか。。。1日目にも増して幕張は盛り上がりました。

 

今回の学会で得た知識や技術を、日々の診療に活かしていこうと思います。

 

まりふO

 

 

CX8発表会

マツダ車開発における長期ビジョン「サステイナブルZOOMーZOOM宣言2030」のコンセプトのもと、CX8の発表会がありました。
地球には環境に配慮した、社会には安心安全な車を、人には走る歓びを。
2列シートに比べて、3列シートだと2列めがリクラインできるので、長距離ドライブで背中が痛くなりません。
北米大陸では8割くらい(私感)がSUVですが、日本も、車を移動の手段としてだけでなく、マルチパーパスな車で、生活をもっと楽しむゆとりが生まれる時代が訪れるでしょう。

渡辺

収穫

お待たせしました。

今年も新米の季節になりました。

コシヒカリ、イセヒカリいつでも注文承ります(^o^)

我が家では栗、さつまいも、柿と実りの秋、食欲の秋とダイエット中のわたしにはあまりにも酷かもね(^_^;)

まりふ s

平成29年9月13日(水) AED講習会 講師:海井医科器械株式会社 清水正一郎様

ドレミ歯科のAED導入に伴って、いつもお世話になっている海井医科器械株式会社の清水正一郎様による講習会を行いました。
フィリップス社のAEDの特徴は、CPRのガイダンス、小児キーがついています。

 

(スタッフのレポート1)

本日はドレミ歯科にて、あさひ歯科、まりふ歯科、ドレミ歯科スタッフのAED講習会がありました。講師は海井医科器械株式会社の清水さん。わざわざ宇部から来ていただきました!

 

30分程講義をし、その後に実技を各医院の院長、副院長を含めだいたい3グループの人達が実際に人形と練習用AEDを使い実技を行いました!

 

講習の内容は、AEDを心臓専門の先生と見立て、どのタイミングでボタンを押すのか、どこに電気ショック用のシートを貼るのかをはじめ、AEDが来るまでにしておくことなどをプリントを通して教えていただきました。

 

実技では、参加したスタッフが人形に胸骨圧迫をしてみましたが、思いのほか上手くいかず苦戦する場面も見られましまたが、清水さんに立ち位置や体重のかけ方などを教えてもらい練習することができました。

 

実際にこの様な事故が起きないことを願いますが、もし目の前にこの様な事故が起きてしまったときに対応できる技術と知識を学べるよい機会だったと思います。

まりふ S

 

(スタッフのレポート2)

昨日、ドレミ歯科にてAEDの講習会がありそちらに参加してきました。

今まででは胸骨圧迫にと人工呼吸を・・・・のことでしたが、救急車が来るまで胸骨圧迫のみをした方が救命率が上がるとの事で、今では胸骨圧迫に重点をおいているとの事でした。

圧迫の方法やテンポなど変わっているところもあり、どこをどんな速さで圧迫したらよいのか改めて再確認することが出来ました。

AEDの実習では大きく2班に分かれて実際に現場に見立てて実践を行いました。

 

発見→救急車とAEDの手配→胸骨圧迫→AED使用

 

やって見ると恥ずかしさもあり手順を飛ばしてしまったりしてしましましたが、少しずつそれにも慣れてきて行うことが出来たのではないかと思います。

いざというときに自分がどれだけ冷静に対応できるか・・・・・・とは思いますが、的確な行動が取れればと思います。

あさひ A