月別アーカイブ: 2016年5月

平成28年5月15日(日)合同就職フェアin九州

5/15(日)福岡で開かれた「歯科医師と歯科衛生士のための合同就職フェアin九州」に理事長及びオレンジ歯科衛生士2名が恵生会として初参加してきました。
歯科医院や医療法人が16団体の参加がありました。
他医院は自作PVやライトアップした掲示物などやユニホーム着用で診療室の雰囲気を再現している医院など工夫を凝らした演出で学生参加者の目を引いていました。
恵生会は計画中の種子島分院や働きやすい職場、デジタル特化の設備を看板にアピールしました。
恵生会に興味をもってブースに来られた学生さんはどなたも勉強熱心で未来に目を輝かせている方ばかりでした。
参加した私たちも刺激を受け、初心の大切さ、希望ある未来を思い起こしました。
この参加経験を活かして次回からは準備をしっかり行いさらに多くの方に恵生会に来ていただけるようにしたいです。

オレンジ若嶋
DSC_0102-2

平成28年5月15日(日)BLS九州歯科大コースin九州歯科大学 講師:九州歯科大学顎顔面外科学分野 土生学先生、早川真奈先生

BLS(Basic Life Support)コースの概要
ACLS、BLSはよく救急医療だと思われがちですが、救急の専門領域ではありません。日本では、救急のことは 救急医に任せておけばよい、専門家でなければわからないと考えられる風潮がありました。しかし、実際には 救急の患者さんというのは、救急医の到着を待ってはくれないのです。
発見した現場の人間が、救急医の到着、救急車の到着までどれだけ有効な心肺蘇生を続けられるのかが、 患者さんが助かるかどうかの命運を左右するのです。このコースのエンドユーザーは患者さんであり、 少しでも多くの人々にこのコースを受講していただき、現場に遭遇した時に心肺蘇生をしてくれる人が 一人でも多くなることが目標です。

コースは主に実習形式で行われました。
要点はA→B→Cではなく、C→A→Bである。
C/胸骨圧迫
A/気道
B/呼吸

BLSヘルスケアプロバイダー重要な概念
傷病者の生存の可能性は、質の高いCPRにより向上する。
以下に、質の高いCRPの要件を示す。
・心停止を認識してから10秒以内に圧迫を開始する。
・強く、早く押す:1分あたり少なくとも100回のテンポ、深さは成人の場合少なくとも5㎝(2インチ)、 小児の場合約5㎝(約2インチ),乳児の場合約4㎝(約1.5インチ)で圧迫する。
・圧迫を行うたびに胸壁を完全に元に戻す。
・胸骨圧迫の中断を最小限に抑える(中断は10秒未満になるように心がける)。
・胸の上がりを伴う効果的な人工呼吸を行う。
・過換気を避ける。

今回学んだ内容は早速恵生会の勉強会で全スタッフに伝える予定です。
この場をお借りしてコースでお世話になりました先生方にお礼申し上げます。

a