月別アーカイブ: 2013年6月

平成25年6月22日(土)DH・DA院内勉強会「隣接面清掃 ジンジバルプラークコントロールについて」

講師:DH若嶋、DH片野

ジンジバルプラークとは・・・
歯肉縁上、縁下1~2mmに付着したプラークのことを言い
歯周病の最大の原因となるもの。

・日本の成人歯周病罹患率 =80%
・歯周病のリスク部位は・・・隣接面
※歯ブラシと同様にメインでフロスやエアーフロス、歯間ブラシを
使用する必要がある。
・歯周病とは・・・歯肉炎、歯周炎の両方の事を言い歯肉炎の段階で
改善させて歯周病を防ぐ事が大切!!

フロスの有用性
<適応>
・歯冠部
・叢生部位
・通常の歯肉
・歯肉炎のある部位

<禁忌>効果が薄い
・歯肉の退縮
・歯周病が進行している
(歯根部露出しているケース)

エアーフロスや歯間ブラシが有効

感想
あらためて今回の勉強会で隣接面のプラーク除去の大切さを
患者さんに伝えていかないといけないと思いました。
フロアフロスを実際使ってみて、縁下に入れても痛みなく
良かったです。理事長からのお菓子とジュースの差し入れもあり
充実した勉強会でした。ありがとううございました。
まりふ歯科:住吉

平成25年6月4日中関幼稚園「歯科検診」

AM9:40 出発

AM9:50 到着・準備

AM10:00検診開始(講堂)

PM12:0 まりふ着

担当歯科医師:内上堀・德冨
スタッフ:DH三輪、DH待鳥

《感想・報告》
・ほとんどの園児がむし歯が無かったり、処置済みが多かったです。
中には数名、20本中15本むし歯だったりする子もいました。
・泣いている子は園の先生が体を押さえてくださり検診しました。
・癒合歯・反対咬合・先天性欠損・咬耗などが見られたお子さんは
検診の紙に記入し、別紙に先生が詳しく症状の説明を書いて園長先生に
お渡ししました。
次回は先に書いてから検診に行くとスムーズかもしれません。

《次回の改善点》
・ペンライト・・・白色灯の方が見やすい
・名前と検診の紙で記名があっているか確実に確認する。