月別アーカイブ: 2012年8月

平成24年8月25日(土) 【スポーツ大会2012】

先日、恵生会ボウリング大会(防府ゴールデンボウル)に参加させていただきました。普段、運動をすることがほとんどないので体を動かすいい機会となりました。  参加人数も16人ほどいて、まりふ歯科、オレンジ歯科、あさひ歯科の方々もたくさん来られていました。初めて顔を会わせる方も多かったのですごく新鮮でした。 僕は学生時代に6年間ほどボウリング部に所属しており(そんなに上手ではありませんが)、あわよくば賞品が取れたらいいな、とこっそり期待していました。 最初に個人戦がありました。昔は部活であんなに投げたボウリングボールが、久しぶりに持つととても重く感じられ、体力の衰えを29歳という年齢で感じる事になりました。しかし、なんとか1ゲームを投げきり、ぎりぎり優勝する事ができました。なんとかボウリング部のメンツを保つことができました。 次に分院対抗戦がありました。どのチームもチーム一丸となって協力し、応援の声や盛り上がりが個人戦の時よりさらに大きくなった気がします。僕らアルファチームは1ゲーム目で疲れたのか個人戦のスコアより少し下がって残念ながら賞品を逃してしまいました。とても残念です。 最後にボウリング場二階の焼肉屋で打ち上げです。運動した後のお肉とお酒は最高に美味しかったです。今回、賞品で缶ビール24本いただくきました。ビールは好きなのですが、一人で飲むには多いので、アルファの皆さんにお裾わけしたいと思います。優勝した事も嬉しいのですが、今回のボウリング大会で他院の方々と交流を深める事ができたのでとても有意義なものとなりました。 久々の運動で筋肉痛に悩まされるかと思いますが、リフレッシュして今後の診療に精をだしていきたいと思います(α:IZM)。

先日のボーリング大会に参加された皆様、お疲れ様でした。分院同士の対決では、豪華景品を巡って大変盛り上がりました。日頃、お話する機会があまりない他の分院のスタッフさん方との交流も深めることが出来、とてもよい機会だったと思います。また、分院内のスタッフ同士も今まで以上にコミュニケーションをとり、団結することができ、良いストレス発散にもなりました。おかげさまで、私たちあさひチームはハッスル賞をいただくことが出来ました!その後の懇親会での焼肉も大変美味しく、食べながら話が弾み、とても楽しい時間となりました。このような素敵行事を計画していただき、更に梨・ビール・ケーキ・商品券等の景品をご用意してくださった理事長、事務の皆様、本当にありがとうございました。これからもこのような行事に、どんどん積極的に参加していこうと思います。今回のボーリング大会で高まった団結力を診療にも生かしていきたいです(あさひY)。

平成24年8月8,9,21,23日 キッザニ歯(子供の職業体験)開催

アルファデンタルでは8/8(水)、8/21(火)、まりふ歯科こども歯科では8/9(木)、オレンジ歯科では8/23(木)「キッザニ歯」(お子様の職業体験)を開催しました。三回目となる今年も約70名のお子さんのご参加がありました。白衣を着て歯医者さん、歯科衛生士さんのお仕事をみんな一生懸命体験してくれました。夏休みの楽しい思い出になったのではと思います。ご参加いただきありがとうございました。

この模様は、NHK、YAB、その他新聞の取材を受けました。

湯浅先生、大浦恵先生、松岡先生はじめスタッフの皆さんお疲れ様でした。

平成24年8月19日(日) ■恵生会GCインプラントコース第1回

講師:久保敬司先生(福岡口腔インプラント研究所・所長、元九大准教授)

今回は、福岡口腔インプラント研究所所長の久保敬司先生と株式会社ジーシーの小保内さんをお招きして、インプラントコース第1回目の研修会がありました。

午前中は講義があり、内容としては診断、手術方法、術後の管理、メンテナンススタッフの役割、器具の取り扱い、患者さんへの説明や同意書の取り方、治療システム化に関する事等、インプラントの基礎知識(インプラント治療の歴史と今後の展望)ディシジョンメイキング(インプラント治療の適応症、部位別治療計画)インプラント治療の光と影(失敗はしないために)などがありました。

その中でも同じ口腔内で天然歯とインプラントの良好な共存、共生をはかることと、天然歯の保護のためにインプラントが戦略的に応用されるようになるということ。側方位に対するストッパーになりうるということなどの話は特に興味深いものでした。午後は実習があり、マネキンを用いたシュミレーションでした。

インプラントはまだ未開の分野であるのでインプラント体の性状、形態、インプラントの埋入方向、本数、上部構造の形態等、いまだに確立されたものがなく、僕ら歯科医師としても、どれを取り入れたらよいか迷う所です。

今後、久保敬司先生のご指導の下、インプラント治療を実践できることを楽しみにしています。

この機会を与えてくださった理事長に感謝すると共に、今後、治療の選択肢の一つとして取り入れていきたいと思います。

平成24年8月18日(土) ■定期勉強会「咬合誘導とMTAセメント」

講師:牧憲司教授(九歯大)&デンツプライ三金西嶋様

咬合誘導+MTAセメント今回は去年に引き続き九歯大小児歯科牧教授による咬合誘導&MTAセメントの実習がありました。

恵生会でも大人矯正は盛んに行っていますが、小児の咬合誘導は本格的ではなかったため今後は力を入れていこうと思っていたところでした。
特に拡大装置や保隙装置、ムーンシールドなど全歯科医師が扱えるようにしたいと思います。小児歯科担当の湯浅先生、内上堀先生よろしくおねがいします。

メーカーから来られた担当の西嶋さんからはMTAセメントの適応症例とインスツルメントを使った充填の実習がありました。

恵生会でも今後多くの症例、特に3Mixの症例もMTAで試みようと思いました。

セミナーの後の二次会は牧教授を囲んでとても盛り上がっていました。
私も宴会終了後、皆から胴上げを受けました。とても怖かったけどとても嬉しかったです。夜遅くまで付き合って頂いた牧教授、西嶋さんありがとうございました。
そしてドクターの皆さん明日のインプラントセミナーは30分前には集合しておいてください。

渡辺徹