月別アーカイブ: 2011年5月

平成23年5月28日(土)29日(日) ■SJCD今本道也先生歯科治療ベーシック6回コース第1回

主に咬合診断について
生理的咬合と非生理的咬合(病的咬合)
咬頭嵌合位と中心咬合位とのずれ
Vertical Support
犬歯誘導(M型とD型)
アンテリアガイダンス
土曜日の夜は中洲で懇親会でした。
帰りは同じく福岡でセミナーを受講されていた理事長とセミナーの話をしながら帰ってきました。

平成23年5月28日(土)29日(日) ■SJCD植松厚夫先生コース第2回

内容が多いためキーワードを箇条書きにしてみました。
咬合器とコンダイルの開閉軸の一致不一致
クロスマウント
プロビジョナルレストレーション
診断用ワックスアップ
クロスオーバー
モックアップ
ゴールデンプロポーション
アンテリアガイダンスの取り方
ゲイツドリル
フィンガースプレッダー
フルマウス前提のエンド
研修会に松岡先生はオブザーバーとして参加しました。
帰りは高山先生と合流して新幹線で立ちっぱなしでセミナーの話をしました。
土曜日の、初めて食べた鶏の水炊きは最高でした。

平成23年5月24日(火) ■接遇セミナー■ ㈱セイエル様

株式会社セイエルさんより講師をお招きしての「接遇研修」に出席させていただきました。約40名の診療スタッフや受付、事務員が参加しました。今回の勉強会では「患者様の立場に立った考え方、良い接遇とは何か」を勉強しました。笑顔や挨拶、身だしなみはもちろん、無意識にしてしまっている自分の癖など、再確認できたことから、今回初めて知ったことなど、勉強することが出来ました。正しい言葉の使い方や会話の時の声のトーンやスピードなど、日頃自分が話をしているときと比較することで、自分の欠点を見つけ再確認する良い機会となりました。今回清原様に教えて頂いた事を意識し、より良い接遇が出来るよう、精進していきます。とても勉強になるセミナーを開いてくださった株式会社セイエル様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
(宮崎)

今日、患者様に対する接し方の話を聞きました。患者様の求めていることが視覚、聴覚で判断されると分かりました。よりよい接客をするために大切なことは身だしなみ、話し方などコミュニケーションが重要だと分かりとてもいい勉強になりました。
私はまだ社会人になったばかりで患者様とどのように接すると相手の気持ちを害する事が無いかなど、仕事をしているときにまだ考える余裕もないのですが、これからは先輩方の接し方を良く見て、意識していこうと思いました。講師の清原様はじめ、ご協力いただいた株式会社セイエルからの川岡様、小丸様、松井様、今回は大変ありがとうございました。(田村)

平成23年5月14日(土) ■咬合診断とパナデント咬合器

講師:理事長
内容
・咬合診断(SJCD)・パナデント咬合器・その他

講師:歯科技工士 新井 寿行
内容
・保険診療脱皮、自費率向上と歯科医院繁栄のために
・咀嚼運動とは
・咀嚼運動と咬合との関係
・咀嚼運動の異常がもたらす歯科的問題点
・異常咀嚼運動の診査・診断
・異常咀嚼運動を生む咬合異常の診査・診断と治療
・異常咀嚼運動のもたらす歯科的問題の治療
・全身健康をそこなう咬合とは
・なぜ咬合の異常が全身健康に関係があるか
・全身健康咬合治療はEBMか
・咬合の異常がおかす全身健康とは
・咬合の異常が損なう全身健康の診査・診断
・全身健康を損なう咬合異常の診査・診断と治療