平成23年2月26日(土 ) ■位相差顕微鏡「ピースコープ」、オリンパス「クリスタルアイ」について

“進化し続けるデジタルシェードテイキングの世界”
2011.2.27 20:00~まりふセミナー室
オリンパスから野見山武さんとペントロンの池永繁さんが東京から来られてのデモでした。

①いつでもどこでも同じ条件の下撮影ができる。
これは高山先生の中切歯を撮って一連の作業を見せていただきました。

②PCで色判定
細かくシェードマッピングできること
そして、人間の目がこんなにも当てにならないものかというテストをした。

感想
今までシェードよりも正確にでき患者さんの口にセットする前に、色が合うか否かがわかるすぐれもの
将来色神や色盲の技工士もつくれるのでは?
理事長がいってたようにつくる肯定で色を外さないものができればいいなと思いました。
このツールを熟知すれば患者さんの要望にこたえられ患者さんも欲がでてくると思う。
何よりスタイリッシュでカッコイイ!!
本当におもしろいデモでした。

春木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です