平成22年10月8日(金) ■CT読影セミナー

講師:株式会社ヨシダ明石様

アルファデンタルクリニックで歯科用CT(CBCT)の勉強会がありました。
歯科用CTのメリットとして医科用CTに比べ、照射線量が極端に少ないということ。
パノラマ撮影の2、3枚の照射線量で撮影が出来ます。自然界における、人がうける1年間の放射線量より少ないということです。
患者様の身体の影響がかなり少なく3次元の画像で今より診断、診療がスムーズに行えると感じました。
齲蝕、根分岐部病変、根尖病変、歯槽骨の吸収、歯根破折、埋伏歯と下顎管の関係、インプラント植立予定部位の精査など何にでもCTは使用できます。
撮影では患者様の位置づけと撮影領域の設定に注意で必要なので、しっかり学んでCTを活用していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です